2020年4月10日金曜日

令和元年度広報紙コンクールを開催しました


 令和244日(土)、令和元年度広報紙コンクール現地審査会を、市民会館おおみや第5集会室にて開催した。



本年度応募作品は、小学校54校、中学校・特別支援学校23校と、合わせて77校からの応募があった。

例年は、集会室に審査員が一同に会し<閲覧、採点、集計、発表>を行っているが、新型コロナウイルスの影響から本年度は初めて審査方法を分け

①全窓開放、間隔をあけて着席での現地審査(少人数) 
PDFデータによる自宅審査
③事務局での事前審査 

の方法で行った。

現地審査の様子


広報紙コンクール審査特設ホームページ


審査基準にのっとり、公正かつ厳正な審査が行われ、日本PTA全国協議会広報紙コンクールに出品される小学校6校、中学校4校の上位10校の優秀賞と、小学校9校、中学校6校の佳作15校が選ばれた。

審査委員長 矢吹先生の総評


本コンクールの結びに当たり、審査員を務めていただいた日本教育新聞社取締役 矢吹正徳氏より「各校の広報紙のレベルは年々上がっている。それぞれに工夫が見られ、広報委員さんの熱意が感じられた」と総評をいただいた。

岡野会長挨拶

審査結果の発表は後程ホームページに掲載します。

2020年3月11日水曜日

令和元年度 教育委員会との懇話会

 令和2129 日、大宮図書館研修室にて教育委員会との懇話会が開催された。
これは教育委員会とさいたま市PTA協議会で今日的な課題について議論する勉強会だ。




まず令和元年度日本PTA会長賞を受けた鈴谷小学校による研究発表がされた。
これは昨年の10月に関東ブロックPTA研究大会が台風の影響で中止になり、準備していた鈴谷小学校の発表がなされなかったことから、今回の機会に時間が設けられた。
発表は、「新しいPTAのカタチを求めて」というテーマで、活動しやすい負担の少ないPTAを目指すことなどについて、熱く語られた。

鈴谷小学校PTAの取組について熱い発表がなされた

次に、「コミュニティ・スクールの推進」~地域とともにある学校づくり~ をテーマに、教育委員会教育政策室から4名の方にご参加いただき、さいたま市のコミュニティスクール推進事業についての説明や実際の学校運営協議会においてなされる熟議についての講義が行われた。


 その中で、コミュニティ・スクールのメリットについても触れられ、
学校、保護者、地域住民が相互の理解と協力を得た学校運営ができること、
また、地域住民の方々の豊かな知識や経験、技量を学校の教育現場に取り入れ活躍の場を創出していくことで、一人ひとりの生きがいや自己有用感、そして地域の力が高められ、人生100年時代を豊かに生きることに繋がるなどの話があった。



その後は、グループディスカッションで、有意義な意見交換が行われた。

コミュニティスクールってなんだ?

熟議を重ねる参加者

どんな大人になって欲しいか…

子どもたちの成長を支えるためには…
時間が過ぎてもなお尽きない議論に、PTA会長たちの子どもたちへの思いが伝わる懇話会となった。

2020年3月9日月曜日

令和元年度PTA活動総合補償制度説明会


 令和2122日(水)、さいたま市文化センター小ホールにて、「PTA活動補償制度説明会」を開催した。説明会には、各校の保険担当や会計担当などを中心に、約270名が参加した。


岡野会長あいさつ

 初めに、市P協岡野会長より、「保険は大変デリケートな部分でもありますので、本日の説明会をよく聞いて参考になさってください」と挨拶があり、PTA活動補償制度と加入の流れについて、AIG損害保険株式会社と、AIG損害保険(株)代理店の方より説明があった。




 その後の質疑応答では、「PTA未加入の方が、PTA活動中に事故にあった場合はどうなるか」「相手に怪我をさせてしまった場合、治療費は全額でるか」など、多くの質問が寄せられた。

直接質問できる絶好の機会

 後半では、市
P協岡野会長とAIG損害保険株式会社の方より、「さいたま市PTA協議会児童・生徒ワイド補償制度」について紹介があった。各家庭で自転車保険の点検の呼びかけとともに、スケールメリットを生かして割引がきいていること、新しく無制限補償のプランが出来たことなど説明された。

 会場では、参加者が熱心にメモを取るなど、関心の高さがうかがえた。


ご参加ありがとうございました


2020年1月20日月曜日

令和元年度人権啓発講演会が開催されました


令和2年1月16日(木)、さいたま市文化センターで、令和元年度人権啓発講演会・さいたま市PTA協議会研修会が開催された。



 この講演会は、より多様化、複雑化している人権問題について、子どもから大人まで幅広い世代の市民が理解と認識を深めることにより、一人ひとりの人権感覚を高め、人権が尊重される明るい社会が実現することを目的に、さいたま市、さいたま市教育委員会及び埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会とともに主催するものである。

表彰の様子


 冒頭の主催者挨拶において、さいたま市PTA協議会岡野会長は、「ネット上のいじめや個人情報の流出など、社会環境の変化に伴う様々な形の人権侵害が発生しているが、自分や他者を大切にするということは、今も昔も変わらず大事なことである。家庭・学校・地域が一体となり、人権教育の現状と課題を認識し、子ども達を人権侵害から守り、正しく導いていくことが求められている」と、子ども達の教育環境に人権意識が浸透することの必要性を述べた。

会長:岡野育広あいさつ


 プログラムの一つ目、人権標語・人権作文最優秀作品表彰式では、最優秀賞に選ばれた17名の児童達が、緊張しつつも誇らしげな様子で壇上に並んだ。さいたま市教育委員会細田教育長から一人ひとり表彰状が授与されると、会場からは盛大な拍手が送られた。

教育長細田眞由美様


 プログラムの二つ目、人権講演会では、「それいけ!アンパンマン」のバタコさんの声などでお馴染みの佐久間レイ氏より、「心を柔らかくストレッチ~明日がきっと楽しみになります~」と題し、「折れることなく生きる」ためのヒントについて、講演が行われた。「心は固く強くなくて良い」「しなやかであれば心は折れない」「無理をせず、自分にできることを精一杯、惜しみなく」といった、御自身の経験から辿り着いたという言葉に、参加者は熱心に耳を傾けた。

講師:佐久間レイ氏


 2,000名収容の会場を埋めた参加者からは、「人権教育の大切さはもとより、人権について真剣に考えた児童を称える機会の意義を感じた」「心を柔らかく余裕を生み出すことで、他者への優しさを持ちたい」「優しい言葉の投げかけ『ごっこ』、始めてみようかな」等の感想があった。

開場を埋め尽くす参加者

2019年10月23日水曜日

令和元年度交流会を開催しました


令和元年1018日、浦和ワシントンホテルに於いてさいたま市教育委員会との交流会が行われた。

 さいたま市PTA協議会 遠藤 孝明 副会長の開会のことばに続き、さいたま市PTA協議会 岡野 育広 会長より挨拶があった。

市P協発行予定のガイドブックに対する説明

 第1部は『PTAガイドブック発行に際して』と題し、さいたま市PTA協議会 合谷 竜一 副会長をコーディネーターとして進められ、ガイドブック発行の目的と経緯について、特別委員会委員長 青羽 章仁 顧問より説明があった。

岡野会長・青羽顧問から説明


「ガイドブックをきっかけとして、PTAの目的や重要性の再確認、コンプライアンスの徹底、学校とPTAが足並みを揃え、より連携を深めて持続可能な組織運営をしてほしい。」

 その後のディスカッションでは岡野会長、青羽委員長に加え、さいたま市教育委員会生涯学習部長 竹居秀子様、さいたま市立小学校校長会会長 並木昌和様、さいたま市中学校長会会長 大谷愼也様にもご参加頂きガイドブック発行について話し合われた。

熱い討論

熱い討論2

 さいたま市生涯学習市民意識調査や文部科学省による生徒の学習到達度調査(PISA)の内容などに触れた。家庭教育の重要性が語られ、さいたま市の公立小中学校におけるPTA加入率は99.9%とのこと。
 学校と保護者の連携の大切さ、PTAの重要性などの話があり、ガイドブックに関しては各単位PTAに於いて手紙や広報紙なども用いながら丁寧な説明を十分にし、特にPTA予算に関する部分は慎重に話し合いを重ねて進める必要があるとの話があった。

 最後にさいたま市教育委員会教育長 細田眞由美様よりご挨拶をいただき第1部は終了となった。

公務ご多用中の中駆けつけてくださいました


 第2部では、教育委員会の各方面の方々とPTA会長たちが意見を交わし、有意義な交流会となった。

市内小中特別支援学校のPTA会長と教育委員会が一同に会します


 最後は小学校校長会会長(さいたま市PTA協議会副会長)並木昌和先生よりご挨拶を頂き、さいたま市PTA協議会事業委員長 鈴木利彦のことばで会を閉じた。

令和元年度政令指定都市情報交換会に出席しました


912日、13日、政令指定都市PTA研究大会新潟市大会に参加した。

市P協正副会長で参加

政令市研究大会の1日目は、他の研究大会と同様分科会であるが、各種テーマに基づき、グループディスカッションや、各政令市で抱える課題や、取り組みの成果について真剣に議論する場となっている。

さいたま市からは会長・顧問・副会長・事務局が参加し、事前の下調べや、さいたま市の状況などを携えての参加となった。


私が参加した広報の分科会では、全国の政令市の広報紙を見比べ、その制作過程や、費用、発行頻度などのデータを共有し、どのような記事、取り組みが読者により読んでもらうことができるだろう。求められる広報紙とはどんなものなのか、真剣に議論した。

各協議会が独自に取り組むオリジナルの企画はどれも新鮮で、とても興味深いものだった。


2日目の全体会では、「日本ペップトーク普及協会」の岩﨑由純氏の講演を聴講した。

全体会会場の様子


ペップトークは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチである。「Pep」は英語で、元気・活気・活力という意味がある。

スポーツ選手などの大会ともなれば、その日のために鍛錬を積んだ選手たちが真剣に戦う場となる。

それでは、人前で話をするPTA会長さんたちは、どれだけその日のためにスピーチの技術を磨いてきましたか?という問いにとても興味深いものがあった。

それは子どもを励ます言葉でもあり、能力を伸ばす力を引き出すトーク術である。子どもの前でスピーチをする機会がある私たちにとって、とても大切な学びの機会となった。

次年度開催地広島からのメッセージ

来年は広島市、そして再来年はさいたま市で開催される。子どもたちのためのPTAが今後も発展していけるよう、他の協議会のみなさまとともに、がんばっていこうと思う。



決意を新たに!

2019年9月19日木曜日

日本PTA全国研究大会兵庫大会に参加しました


82324日の第67回日本PTA全国研究大会兵庫大会に、市P常任理事(区連会長・正副)事務局長・事務局統括専務と参加し勉強をしてまいりました。

姫路城(別名白鷺城、美しい!)


23日、さいたま市は姫路会場となる第6分科会「命を守る防災教育」と特別第1分科会「いじめなんてかっこわるい!我が子を当事者にさせないために」に参加しました。



分科会の様子


6分科会「命を守る防災教育」では、防災教育を暗いものに考えるのではなく、未来のためにそして身近に生活に取り入れる大切さを学びました。

実際に震災、津波を経験された方からの貴重なお話に胸を掴まれる思いであるとともに、今できることをしなければと思う気持ちで大変考えさせられました。

24日の全体会では、神戸のワールド記念ホールにて行われました。日本PTA全国協議会と開催県である兵庫県PTA協議会の皆さんの底力とパワーが素晴らしかったです。

8000人が集う全体会会場

歓迎アトラクションは兵庫県といったら宝塚ですね!
宝塚歌劇団OGによるレビューや、兵庫出身のメンタリスト DaiGo氏による
「子育ては、心理学でラクになる!」の記念講演を聞きました。

美しい宝塚歌劇団OGによる舞台

ダイゴ氏の統計に基づいた話は新しい教育論で8000人の会場がどよめくほどの盛り上がりでした。

子供の性格形成は50%は生まれ持ったもので44%が環境、親の育て方は6%だそうです!




楽しみもありながらの大変勉強になる二日間を過ごしてまいりました!



2019年9月4日水曜日

舘岩少年自然の家視察研修・環境整備に参加しました


令和元年817()18()の二日間にわたり行われた舘岩少年自然の家の視察研修及び環境整備に市内PTA役員や関係者52名が参加した。

早朝、大宮から出発

定刻より15分遅れで出発したバスは、岡野会長の挨拶、自己紹介、レクリエーションなどを行いながら、無事福島県会津町へと到着。

すぐさま、体育館で入所式とオリエンテーションが行われた。

新しい施設はとてもきれい
佐藤所長よりご挨拶と所員の紹介並びに施設案内があり、昼食後は館内を見て回った。日頃の管理のおかげでどの部屋もキレイな状態が維持されていた。
子どもたちと同じ体験をしていきます

岡野会長あいさつ

所内見学後、帽子にリュック、首にタオルを巻きズボンの裾はくつ下の中に入れた「舘岩ルック」と呼ばれる服装に着替え、男性は3グループに分かれて木段と登山道の整備を、女性は花壇の除草作業を行った。

とうちゃん達が整備した山道です。みんなも登ってね!

ひと仕事を終えた後は「木賊(とくさ)温泉」で疲れを癒した。
夕方になると恒例のキャンプファイヤーを実施。火の精の格好をしたりマイムマイムを踊ったりと子ども時代に戻ったようだ。各区との交流もでき楽しい時間を過ごした。

なんだかゴージャスな火の神
何年たっても体が覚えてるフォークダンス

夕食は、所員の方々と懇親を兼ねて行われ、運営の苦労や楽しさなどいろいろな話を伺うことができた。

夜中に降った雨も朝にはあがり、二日目はまず、イワナつかみとさばきを行った。
イワナっつかっむっぞ~!

イワナを手づかみで捕まえ、さばき、塩焼きにして食べる、子どもたちと同じ体験をして、命の大切さや命あるものを食して生きていることに対し改めて感謝されられた。

イワナさん、さばきます。おいしくなぁれ~

その後は、源流体験とそば打ちに分かれての体験。

源流体験最大の難関のぼる!

源流体験は、台風の影響で、水かさが増しているかと懸念していたが、さほど影響はなかったようだ。参加者の中には水の中に飛び込み、全身びしょ濡れになる人も見受けられた。二八蕎麦打ちでは、細く切れずに苦戦した。

昼食は、そば打ちチームが打った蕎麦と、自分たちでさばいたイワナをいただいた。格別だった。

おいしく焼けたかな?

この二日間で体験したことは、どれもさいたま市ではできない貴重な体験だった。

自然を生かしたプログラム、そして所員の方々のご指導に感謝すると共に、退所式で佐藤所長が仰った通り、単会に持ち帰り二日間の体験をみんなに伝えなければと強く思った。

ご協力いただいた先生方、スタッフの皆様、今年もありがとうございました!

帰りは、数回の休憩と買い物タイム。千本松牧場ではジンギスカンやソフトクリームに舌鼓を打つ人も。

思っていた程の渋滞や大きな怪我もなく無事に帰宅した。