2021年8月25日水曜日

令和3年度 広報紙づくり講習会(動画配信)

 

令和3年5月8日(土)矢吹正徳氏(元日本教育新聞社取締役編集局長、公益財団法人理想教育財団理事)を講師として招き、オンライン広報紙づくり講習会が開催された。


岡野会長あいさつ


さいたま市PTA協議会・広報情報委員会の委員が所属する単会の広報委員を対象とし、総勢25人が参加した。

オンライン参加者

「広報紙とは何なのか?広報紙はPTA活動のバロメーター」

最初に広報紙の役割、PTA活動との関連性について説明があった。広報紙づくりに参画することは社会性的な意義がある。広報紙が盛んに発行されている学校ではPTA活動も活発に行われている事が多く、学校とPTAの特性がよく表れているという。年に3回程度の発行回数が一般的だが、中には毎週発行される紙面もあったそうだ。


講師の矢吹正則氏

 

「4つの力」

広報紙づくりはフロントの力・企画の力・見出しの力・レイアウトの力4つの力で成り立っている。フロントについては実際に他校の見本紙面を例に、参加者がどのように感じたか意見交換が行われた。見本紙面はそれぞれが特徴的で、写真を大きく使ったものや、見出し・目次の工夫で見やすくしているもの、情報量をたっぷり詰め込んだものなど様々であった。企画については各参加者から意見を持ち寄った。どの企画も学校の特色を活かしたり、今注目の話題であったり、興味深いものであった。見出し・レイアウトについては一般紙を例に、記事や写真の配置など実践的な解説であった。


講習中の会場スクリーンの様子

「紙面づくりは仲間づくり」

矢吹講師は、「広報紙は社会・学校・地域・家庭を結びつけるツールだ」と話した。そして、「広報紙づくりは仲間をつくるための活動である」と。学校の情報や、困り事について仲間と共有し、より良いPTA活動を持続するためのたくさんのヒントを得ることができた。

 

今回の講習会は、初の試みのオンライン開催だったが、一人一人が講義に集中し、有意義な学びの場となった。講習会の様子を収めた動画は、さいたま市PTA協議会のホームページにて期間限定で単会広報委員向けに公開された。(現在は公開終了している。)

 

2021年8月4日水曜日

令和3年度 定期総会

 

令和3年6月19日(土)、市民会館おおみや小ホールにて

感染症対策を万全に



新型コロナウイルス感染症対策の為、書面決議と合わせ各区の代表と、

清水勇人市長、島崎議長、細田眞由美教育長ら多数の来賓を迎えし、

さいたま市PTA協議会定期総会が開催された。


コロナ禍にもかかわらず、駆けつけてくださった来賓の方々

 

令和2年度の事業報告・会計報告、令和3年度の役員選任、事業計画案及び予算案がすべて承認された。

書面と会場とのハイブリット議決

さいたま市PTA協議会会長には岡野 育広PTA会長(西原中学校)が3期連続で就任し「今年度、設立20周年という節目の年ということもあり、より必要な協議会にしていきたい」と語った。

令和3年度役員


 続いて広報紙コンクールの表彰と退任された役員へ岡野会長より感謝状の贈呈が行われ総会は終了した。


広報紙コンクール受賞校の皆さま
(撮影の瞬間のみマスクを取りました)

2021年4月14日水曜日

令和2年度広報紙コンクール

 令和3年4月10日(土)、令和2年度広報紙コンクールが「市民会館おおみや」にて開催されました。





 審査会場では感染対策として参加者の検温・アルコール消毒・マスク着用をお願いし、全ての窓を開放しながら、ソーシャルディスタンスが保てるように開催いたしました。また、希望される審査員の方はZOOMからの参加も可能としたハイブリッドな広報紙コンクールとなりました。

 

会場審査の様子

Zoom審査員の様子

 令和2年度はPTAも多くの活動が自粛となった影響をうけ、通常のPTA活動が実施できていない中で、さいたま市内小学校103校中29校、中学校・特別支援学校62校中16校、合計45校からのご応募をいただきました。

  また、今回はコロナ禍という事もあり、例年であれば応募要件として年間発行回数2回以上発行することが条件となっておりましたが、今年に限っては年間発行回数1回でも応募可能となりました。

 保護者の学校への立ち入りや行事への参加が制限されるなかで、応募してくださった学校PTAの皆さまにおかれましては大変なご苦労があったことと感じられる重みを受け止めながら慎重に審査を進めました。

審査中の様子


参加された審査員の方々からは以下のようなお声がございました。

・緊急事態宣言中の過ごし方や感染症対策に触れた内容が当然多くみられましたが、様々な観点からのアプローチに感心いたしました。(小学校の部 審査員)

・カラーか白黒かによって見せ方の工夫に異なりがあり、非常に参考となった。(小学校の部 審査員)

・令和2年度は各学校で実施できた活動にバラつきはあるものの、活動への創意工夫が伝わってきた。(中学校の部 審査員)


総評:矢吹正徳氏

会員各学校PTAの皆さまには審査委員長矢吹正徳氏総評を後日使送便にて送付いたします。


2021年3月3日水曜日

PTA活動総合補償制度説明会(動画配信)

  令和3年1月26日(火)に予定されていた「PTA活動総合補償制度説明会」が動画の配信というかたちで実施された。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発令により、会場での開催ができなくなったため、さいたま市PTA協議会が代替え案として用意したものだ。

 各学校に配付された案内のQRコードを読み込み、パスワードを入力すると、専用のホームページが開けるようになっており、PTA活動総合補償制度の加入の流れ等について、AIG損害保険(株)による説明動画を視聴できるようになっている。



画像からのリンクはしません

画像からのリンクはしません

画像からのリンクはしません

 同ページには、参考として、万が一の事故や自転車による事故で加害者になってしまった場合など児童生徒に関する24時間の補償である「児童生徒ワイド補償制度」の紹介動画も掲載されている。

画像からのリンクはしません

 さいたま市PTA協議会での団体加入により割引率も大きい。

 これは任意加入の個人による申し込みの補償だ。

 冒頭で流れる岡野会長のあいさつでは、埼玉県条例とさいたま市自転車のまちづくり推進条例で義務化された自転車の保険加入についてふれており、何よりも未来ある子どもたちを守るために、さいたま市から無保険の家庭を出さないためにも各ご家庭での保険の見直しをするよう、呼びかけている。


2021年1月18日月曜日

さいたま市教育委員会との意見交換会

 令和2年度、教育委員会との交流会は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止となった。

その為、少人数でも教育委員会とさいたま市PTAの保護者の意見交換の場を持てるよう、ご相談させていただき、意見交換会を開催して頂く事になった。


令和21118日、さいたま市立教育研究所にて教育委員会との意見交換会が開催された。

テーマは「さいたま市のGIGAスクール構想について」


まず、さいたま市PTA協議会の岡野 育広会長からの挨拶の後、さいたま市教育委員会 生涯学習部長 竹居 秀子様からご挨拶をいただいた。

岡野会長あいさつ



さいたま市教育委員会生涯学習部長 竹居 秀子様 ご挨拶

続いて、さいたま市教育委員会 学校教育部 参事 兼 教育研究所  所⾧ 玉川 徹様から、さいたま市のGIGAスクール構想についてのご説明、続けて参加者を生徒に見立てた形でのITを活用した模擬授業を行った。


さいたま市教育委員会学校教育部参事兼教育研究所所長 玉川徹様のご説明



模擬授業の様子

質疑応答では、質問や意見も出され、有意義な意見交換会となった


質疑応答の様子

参加者(写真撮影の瞬間のみ、マスクを外していただきました)


 さいたま市のGIGAスクール構想についての詳しい内容は、広報紙「市P協さいたま40号」にて掲載する。